あきうらめでぃあ

最新のPC関連機器やWEB広告、アクセス解析のコツなどを紹介します。

【Google Analytics】GA4と旧GAを同時に開設、設定する方法

f:id:akiura774:20210311105027j:plain

 

こんにちは、あきうらです。

本日は旧GoogleAnalyticsとGoogleAnalytics4(以下旧GA、GA4と略します)を同時に開設、設定する方法をご紹介します。

 

開設の解説...

 

失礼しました。

以前の記事でも少し触れていますが、現在GoogleAnalyticsを開設するとGoogleAnalytics4で設定されてしまうことで旧GAでしか見れなかった情報が見れない!という問題があります。

ですので私としてはGAを新規設定する際は旧GAとGA4を両方設定しておくことをおすすめしています、

まあ私がGA4にそこまで明るくないのが原因なのですが。

 

 

 

 

1.Googleアカウントを取得

GoogleアカウントがないとGoogleアナリティクスは開設できません!

まずはGoogleアカウントを取得してください。

support.google.com

 

 すでにお持ちの方は次へどうぞ。

 

2.Googleアナリティクスにログイン

作成したGoogleアカウントでGAにログインします。 

 

ログイン - Google アカウント

 

上記でログインした後、下のような画面になった場合

 

 右上のメニュー一覧から~~~~~

とか面倒くさいので!

Googleアナリティクスで検索してGAの開始画面に行ってしまいましょう。

 

もちろん右上の■が並んでいるボタンをクリックしてメニュー一覧からGAを見つけ出して飛んでもいいです。

余談ですが、自分は大抵目的のページに行きたいときはページ内で探すのをすぐあきらめて直接検索してしまっています。

 

3.アカウント設定

「無料で設定」をクリック。

アカウントの設定画面に移行します。

アカウント名を入力し、必要だと思うチェックボックスにチェックを入れて次をクリック。

チェックボックスは適当でも大丈夫です。 

 

4.プロパティ設定(※重要

プロパティ設定に移行します。

プロパティ名は特に理由が無ければアカウント名と同一でも構いません。

今回の場合旧GAとGA4の2つのプロパティが用意されますがどちらもここで設定したプロパティ名で派生されます。

 

ここで必ず「詳細オプションを表示」をクリックしてください。

 

そうすると「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」という項目が表示されます。

右側にあるオンオフスイッチをオンにします。

ウェブサイトのURLはGAを設置予定のURLを入力してください。

 

Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスのプロパティを両方作成する」のラジオボタンがアクティブになっていることを確認。

Googleアナリティクス4プロパティの拡張計測機能を有効にする」のチェックボックスはどちらでも問題ありませんが、チェックをついたままの方がおすすめです。

 次へをクリック。

 

当てはまる業種、ビジネスの規模、目的にチェックを入れます。

正直適当で問題ありません。

次へをクリック。

 

利用規約が表示されます。

初期設定だと左上がアメリカになっており、内容が英語で表示されているかと思いますので日本に設定し内容を確認して問題なければ同意するをクリック。

 

これでプロパティの設定が完了しました。

 

5.タグの設置

最後に確認として、左側のメニューバーの管理をクリック。

プロパティの中身に

・設定したプロパティ名(UA-0000000000)

・設定したプロパティ名 - GA4(0000000000)

の2つのプロパティが作成されていれば完了です。

 

注意点としてプロパティが2つありますのでトラッキングID及び計測IDは2つあります。

つまり、計測用のタグを両方設置してあげる必要があります。

 

旧GAのタグを設置

「プロパティ名(UA-0000000000)」の方は旧GAで

「<>トラッキング情報」→「トラッキングコード」を開くとサイトに張り付ける用のタグが表示されますのでこちらをサイトに張り付けるか、グーグルタグマネージャーのGAタグに表示されたトラッキングIDを入力しましょう

 

こちらはGTMの設定画面になります。

ラッキングIDの中に「UA-0000000000」(数字はGAに表示されているもの)

を入力します。

GTMについての設定方法についてはまたの機会に掲載します。

 

GA4のタグを設置

「プロパティ名 - GA4(0000000000)」の方はGA4のプロパティです。

そのままでは計測IDがない為、データストリームを作成する必要があります。

 

「プロパティ名 - GA4(0000000000)」のプロパティを選択して、データストリームを選択します。

一番右のウェブをクリック

URLとストリーム名を入力します。
ストリーム名はわかりやすい名前の方がいいですがなんでも大丈夫です。

入力したら「ストリームを作成」をクリック。

右上に計測ID、グローバルサイトタグのアコーディオン内に生のタグが表示されます。

 

旧GAと同様に表示されたタグを自身のウェブサイトのソースコード内に入れるかグーグルタグマネージャーでタグをせっていします。

 

こちらはGTMの画面になります。

GA4の方がGTM的には簡単に設定が可能です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

旧GAとGA4では計測の考え方が大きく変わっていますので、今後GA4に統一されるとしてもまだ旧GAを利用していく理由はあるかと思います。

何が起こるかわかりませんので念のためどちらも設定しておくのがよいでしょう。

 

関連記事 

akiura.hatenablog.com

 

おすすめ書籍